日曜日, 3月 25, 2012

ジャーナリズムについて、ドイツの例

ドイツのテレビ局が福島原発を取材して、ジャーナリズムのあり方を見せてくれた。日本のテレビでこうした取材努力をしたところはない。噂に聞けば、報道する前に自分の家族を逃がしておいたからもう大丈夫と言って、報道規制の張られたところにたむろしていたジャーナリストが多かったようだ。東電の上層部もそう、自分の家族は逃がしておいて、最後までメルトダウンはしていません、直ちに健康に被害が出る事はありませんといい加減なことを言わせていた。ドイツの報道姿勢を日本のジャーナリストも見習った方がいい。今なら、日本語訳付きで見られる。

ドイツZDF フクシマのうそ

http://www.dailymotion.com/video/xpisys_yyyzdf-yyy..
 

0 件のコメント: